ホーム > お知らせ・イベント一覧 > 今年は特に熱中症にご注意ください!   

お知らせ・イベント

2020/5/28お知らせ

今年は特に熱中症にご注意ください!   

~熱中症予防の一声で、みんなでつながろう!~

地域の皆さま!夏のような暑さが感じられるようになり、熱中症のリスクが高くなってきました。
今年は、新型コロナウイルス感染拡大の防止により外出自粛の影響で、体力の低下や暑さに慣れていないこと、そして、今年はマスクの着用により体内に熱がこもりやすく熱中症のリスクが例年以上に高まると予想されています。

熱中症は室内・室外どこでも起こる可能性があります。室外ではこまめな水分補給、塩分補給に心がけ、こまめな休憩と暑い日には外出を控えるなど熱中症予防に努めてください。室内では、それ以外に冷房や除湿、扇風機などを積極的に活用してください。

※冷房等では室内の換気は出来ません。室内の空気をただ循環しているだけですので、感染予防のため必ず定期的に換気をしてください。
また、水分補給等でマスクを外す時は3密(密閉・密集・密接)を避けて下さい。

 

熱中症予防の主なポイント

①のどが渇いたなと感じ始めたら水分、塩分摂取。

②外出時は日傘や防止の着用。(暑い日には外出を控える。)

③体を動かす運動、作業時は、こまめに休憩。

④無理な節電はせず、冷房や除湿、扇風機などを活用。(使用中でも定期的に換気をする。)

⑤屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずす。

 

熱中症予防をしながらつながれます

新型コロナウイルス感染症により、不要不急の外出自粛やイベント開催の中止など、地域住民の集まりやつながりの機会が失われることが懸念されています。

そこで、これから暑い日には、ご近所、ご友人や外出中の高齢者等、心配な方に電話でも構いませんので上記の「熱中症予防の主なポイント」や「こんげ暑い日にはそと出るのやめれて~」などお声かけいただく事で熱中症を防ぐ効果だけではなく、地域のつながりの予防・強化になります。(対面される場合は、暑いでしょうがマスクの着用と身体的距離の確保を十分注意してお声かけください。)

 

熱中症予防関連の情報

熱中症予防リーフレット(pdf)

障がいをお持ちの方の熱中症予防のポイント(pdf)