ホーム > 西蒲区社協の事業 > 地域共生型あぐり事業

西蒲区社協の事業

2018/5/31

地域共生型あぐり事業

これまで社会福祉協議会のコミュニティソーシャルワーカー(CSW)、ボランティアコーディネーター(VCo)、支えあいのしくみづくり推進員(SC)は地域福祉の担い手の育成、ひきこもりや閉じこもりの方(高齢者や若者に限らず)への支援、障がいをもっている方への支援、既存の制度に該当せず困難さを抱える方への支援など様々な地域福祉課題に対し解決に向けた様々な取り組みを行ってきました。
そんな中、地域の活動につながらない!支援先がない!など各担当で課題を抱えていました。
そこで、それらを解決する糸口になるようような「ビニールハウスを活用した多機能型拠点の整備」を検討してきました。

検討を重ね、農作業等をとおし、参加するすべての方が、役割♪やりがい♪生きがい♪を持って活動できる居場所!地域共生型あぐり事業「marugo-to」(ビニールハウスの居場所)が誕生いたしました。(平成30年6月4日(月)オープンいたしました!)

 

興味のある方は、下記のチラシをご覧ください。

marugo-toチラシ(pdf)

 

ビニールハウスの居場所案内は、下記のチラシをご覧ください。

そうだハウス行こうチラシ(pdf)

 

 

これからの活動は、下記の「marugo-to通信」でお知らせいたします。

marugo-to通信

marugo-to通信01(pdf)  marugo-to通信02(pdf)

 

 

 

興味のある方は、ぜひ一度遊びに来てくださいね~♪

 

お問い合わせは 西蒲区社会福祉協議会 0256-73-3356 まで。